月別アーカイブ: 2016年8月

くそ重いLenovoノートが再生

家族用に買った安めのLenovoノートPCがやたらと処理落ちしてほとんど使い物にならなかったのだが、初期状態に戻したら見事に軽くなって本来あるべき姿になった。具体的な操作は、Windows10の更新とセキュリティから、回復を選んで出てくる「このPCを初期状態に戻す」。個人用のファイルを保持して実行した。この操作の前にネットで調べて色々いじっていたのだが、こんな簡単に解決するとは。

購入してからほとんどアプリを入れておらず、入れたものといえばOfficeくらいだったにも関わらず異常な処理落ち。それが初期化で直ったということは、LenovoのPCを購入した際についてくるあれやこれやのソフトが悪さをしていた、ということになるだろう。

つまり悪いのはLenovo。バンドルソフトはLenovoにとっては利益になるのだろうけど、消費者は余分な処理を食わされている分、時間を損してるのではないだろうか。こういうことやってると、その企業が長期的に衰退していくと思うんだけどなぁ。

ここしばらく家ではMac中心だったから、家庭用Windows買ったとき特有のこういう格闘は久々。それがWindowsの機能で1発で解決するようになっていたとは。

pythonでメールを送るテスト

サーバーで自動処理を行うスクリプトを作りたい。まずはメールを送るところから始める。

手順

    charset = "ISO-2022-JP"
    subject = u"タイトルです"
    text    = u"本文です"

    msg = MIMEText(text.encode(charset),"plain",charset)
    msg["Subject"] = Header(subject,charset)
    msg["From"]    = from_address
    msg["To"]      = to_address
    msg["Date"]    = formatdate(localtime=True)

    smtp = smtplib.SMTP(メールサーバー, 587)
    smtp.login("送信者アドレス", "poster519")
    smtp.sendmail(from_address,to_address,msg.as_string())
    smtp.close()

注意点

  • smtplib.SMTP()の第二引数に587の番号を渡した(デフォルトの25ではダメだった)
  • smtp.connect()は使わず、smtp.login(“送信用アドレス”, “パスワード”)を使った