月別アーカイブ: 2012年2月

横浜観光した

東京、横浜観光した。

まずは銀座のアップルストア。アップルストアに行ったことがなくて、一度見てみたいと思っていたので。内装はシンプルで高級感はそれほど無く、誰でも入れる雰囲気。店員の数は非常に多い。ここの役割が、商品を触ってもらう場としてよりも、店員が客の相談を聞く場としてに重きが置かれているからだろう。頂いた名刺がカッコ良かった。

続いて築地で夜ご飯&朝ご飯。夜は築地青空三代目hafu-でおまかせ十貫。夢見心地で美味しかった。朝はすしざんまいで本マグロ丼。味はそこそこ。(慣れたからか?)活気があっていい店だった。

靖国神社観光。遊就館を観覧。武の歴史を初代天皇のあたりから辿っていく。明治維新までは教科書などで知った知識をなぞるだけなのだが、日清戦争あたりから資料がより詳細になっていくため面白い。いくつか思ったことがある。1つ目は、朝鮮半島は気の毒な地域だってこと。常に周辺の都合に翻弄されている。日本人びいきで見ても、なんだかごめんなさいって言いたくなる。でも地理的に日本から非常に近いから(船ですぐ渡れそう)、ゴタゴタするのは仕方ないだろう。2つ目は、日清戦争以後の歴史について偏ってるかなーと感じてしまう箇所があった。(あの戦争には後にこんな影響を与えた意味があったのだ。のくだりとか。)けれど戦争の歴史観はお互いの言い分があって一致しないのが普通で、そのことも含めて学校では教えるべきなんじゃないの、とも思う。ぶつかり合うことが調和だと岡本太郎も言ってます。3つ目は、太平洋戦争のポツダム宣言受け入れの際、政府では決めきれずに天皇の指示を仰いだことに関して。日本のトップにいた人たちが決めきれなかったんだ!という衝撃。昔から日本人はそういう人種なのかも。

続いて横浜中華街へ。広くて活気があって、ご飯も安くて美味しくて満足。刀削麺とタピオカミルクを頂いた。

そして港!海はやっぱり最高。氷川丸の船内観光した後、水上バスで横浜港を回りながら横浜駅へ。

横浜の記述が少ないけれど、横浜すごく良かった。ブラブラして、なんというか癒された。また行きたい。

東京観光した

東京を観光した。

国立新美術館。

いくつか展示があったが、野田裕示という人の展示が気になったので見た。30年に渡る作品が集められていて、作風の変遷が分かるようになっている。あるフォーマットを発明すると、数年間はそのフォーマットに沿った作品を作り続ける。そしてまた数年後、新しいフォーマットを考え出し、それに沿った作品が続く。そのようにフォーマットを変化させながら作品を作り続けている、という点が分かりやすく展示されていて面白かった。おそらくそのフォーマット作りが最も困難な作業だ。変な言い方になるが、フォーマットさえ新しく作ることができれば、しばらくはそれに則って苦もなく作品を作り続けていける。

続いて向かったのはすぐ近くにある東京ミッドタウン。その中にあるサントリー美術館。

ここでは「東洋陶磁の美」という展示を見た。中国陶磁と韓国陶磁が集められていて、国宝が2つ用意されていた。(中国産なのに国宝なんだ、という違和感はあったが。)少し前に故宮博物館に行ったばかりなので見慣れてしまっていたけど、それでも素晴らしかった。中国がいかに高い技術を持っていたのかがよく伝わってくる。青磁と白磁が特に美しかった。

その後は皇居の周りを少し散歩したり(寒かった!)、丸の内を歩いたり、都庁展望台に行ったり、友人いきつけの新宿のお店に行ったりと、なかなかの充実ぶり。いやはや東京はよいところだ。