シルク・ド・ソレイユ考察

マカオで鑑賞したシルク・ド・ソレイユについて考えてみたい。みんな口を揃えてシルク・ド・ソレイユ良かった、凄かった、見た方がいいと言うが、何が優れているからこれほど人気になったのか。

以下、公演の内容について記述があるのでこれからZAIAを見る方はご注意ください。

ZAIAの公演の構成は、
1.冒頭の寸劇
2.メインのサーカス、その合間に寸劇と特殊装置による演出
3.フィナーレ
という流れになっていた。おそらく他の公演も同様の構成だろう。

冒頭の寸劇。少数のピエロによる、最前列の観客を交えた笑いを誘う寸劇。暗い舞台にスポットライト、天井から垂れ下がる一本の縄。ここで不思議世界を演出し、シルク・ド・ソレイユ独特の世界へ徐々に引き込んでいく。

メインのサーカス。様々なサーカスが披露される。ジャンルも多様だ。ジャグリング、バレエ、ローラースケート、体操技、雑技。クオリティは非常に高く、あまりに淡々とこなしてしまうためそれが難しい技に思えないほど。シルク・ド・ソレイユの世界に合った衣装や小道具を用いることで、全体の印象を統一し、また芸術性の高いものに見せている。

ここで重要なのは、個々のサーカス自体に目新しさは特になく、既存のものだということだ。それを新鮮なものとして見せる上手さがシルク・ド・ソレイユにはあり、それこそがシルク・ド・ソレイユの凄さだと思う。

シルク・ド・ソレイユの世界が存分に披露されるのは、サーカスの合間に入る特殊装置による演出だ。ここでぶっとんだ世界に観客を浸らせる。そしてその世界に合致した衣装や小道具を用いてサーカスをすることでそこに新鮮さが宿る。サーカスの合間の寸劇には、冒頭から続く物語があり、あぁそういえばこのピエロたちどうなるんだろうと客を飽きさせない。

音楽についても触れておきたい。演奏は全て生演奏で、観客から演奏している部屋の中が見えるようになっている。衣装はもちろんシルク・ド・ソレイユ仕様。曲のジャンル、使われる楽器は実に多様。とてもカッコイイ。当然この音楽も世界の演出に大きな貢献をしている。

さてここまで個々の要素について見てきた。サーカス、寸劇、特殊装置、衣装と小道具、音楽、どれも素晴らしかった。しかし個人的に最も注目したいのは、シルク・ド・ソレイユの世界をつくり上げたことと、それを軸に既存のものを新鮮なものに変化させた構成力である。

以下はメモ。小道具で特に印象深かったもの。
・舞台中央の大きな球。中に照明器具がある。気球や地球になる。
・光る傘
・航海用望遠鏡
・自転車(逆さ自転車)
・獅子舞
・メガホン
・巨大蛍光玉
・シャボン玉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*