ひとつ上のアイデア

主に広告業界のクリエイター20人が、それぞれのアイデアの出し方について書いた本。

 

ひとつ上のアイディア。

ひとつ上のアイディア。

posted with amazlet at 11.03.19
眞木 準
インプレス

 

 

 

 

一冊に20人分の原稿が入っているので、一人あたりの内容は短く、したがって深い話にはなりにくい。一方で短い原稿の中で言いたいことを言う必要があるため、伝えるべき内容はコンパクトにまとまっていて把握しやすい。

この本としてまとまった意見があるわけではないが、各人の話からところどころ参考になりそうな箇所を見つけることができる。

気になった話を抜粋。

・サイコロを6回回転させて考えを展開させる。
・3回3ラウンド紙に全て書く。
・成功したゴールイメージからさかのぼって考える。
・誰でも考えることを見事にやってのける。
・自分の中にあるものをノートに全て書く。さらにそこから連想したことも書く。
・本質をもう一度問い直す。「本当に?なぜ?」
・アイデア会議は持ち寄りだけ。
・人にどう感じてもらいたいかを考える。
・最も重要で大変なのは、問題点を見つけること。
・自分の趣味、興味を打ち出したものはオリジナリティがある。

共通して言っていることがあり、特に重要かもしれない。
・とにかく書き出すこと
・完成をイメージすること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*