月別アーカイブ: 2011年5月

日本は世界5位の農業大国

日本は食糧自給率が低い国だからなんとかしないといけない!と騒がれているけど、実際はそうでもないという話。

というより農業が稼ぎ出すGDPは世界第5位であり、なかなかの農業大国だという。

それなのになぜ自給率が低くなってしまうのかというと、巷で言われている「自給率」が「カロリーベースの自給率」であるところにトリックがあるからだ。(ここではそのトリックの詳細は省くが、同じ指標を採用しているのは世界中探しても日本だけ、という事実からみてもこの指標がおかしいことが分かるだろう。)カロリーベースの自給率を用いることで日本政府は意図的に自国の農業を弱く見せ、その対策のための政策を行っている。そしてそれは農水省の利権につながる、というのが著者の主張だ。

間違った前提の上で取られる対策は、迷惑この上ない。その対策は無駄になるどころか、健全な状態を乱してしまいかねない。実際、自給率向上のために補助金で生産性の低い中小農家を支援した結果、不当な価格競争により優良な農家を圧迫する事実があるようだ。しかもその対策の費用は税金から出ていると考えると、ますますげんなりする話だ。

残念な話が多いが、若くて優秀な大規模農業経営者が日本でも育ってきているという明るい事実も書かれてある。ヘンテコな政策に負けじとよい農業の形が日本に広がっていきますように。

ウェブで儲ける人と損する人の法則

ネットでPVを取ったり、ネット広告で成功するために把握しておくべきことが雑多に色々書かれている。

ウェブで儲ける人と損する人の法則
中川 淳一郎
ベストセラーズ

 

 

 

ネットで流行っていたり話題になっているものはテレビが発のものが多くテレビとの親和性が高いという指摘や、ヤフーニュースに取り上げられるとリンク先のサイトのサーバーがよく落ちるヤフーアタックの話など、単純に面白い内容も多い。

ネット向きの商品があるらしい。ネットで話題が広がりやすい商品、つまりPVを稼いだり、コメントを多くもらえたりしやすい商品のことだ。それは、親しみやすく、よく目にする商品。安くて、コンビニで買えるものが多い。具体的には、納豆、チロルチョコ、ガリガリ君、マクド、ユニクロ、など。

ネット文脈という考え方がある。対義語は新聞文脈。ネットでウケる内容のことを、ネット文脈にあっていると言う。

その内容は、
・ユーザー本位のもの
・クリックしたくなるもの
・広げたくなるもの
具体的には
・週刊誌ネタ
・B級ネタ
などがそうだ。

テレビが視聴率を稼がなくてはならないように、ウェブにもPVを稼がなくてはならないサイトがある。そのようなサイトには週刊誌ネタが多くなりやすくなるのだろう。

一方で専門性が高く有益な情報は、PVを稼ぐ必要がないサイトや個人が担う傾向にあるのかもしれない。

人間の建設

何を言ってるのか分からない、というのが大半だった。

 

人間の建設 (新潮文庫)

人間の建設 (新潮文庫)

posted with amazlet at 11.03.19
小林 秀雄 岡 潔
新潮社

 

 

 

 

気になった箇所。

赤ん坊にはまだ時間というものはない。だからそうして抱かれている有様は、自他の別なく、時間というものがないから、これが本当ののどかというものだ。 ・・・ 世界の始まりというのは、赤ん坊が母親に抱かれている、親子の情は分かるが、自他の別は感じていない。時間という観念はまだその人の心にできていない。

ひとつ上のアイデア

主に広告業界のクリエイター20人が、それぞれのアイデアの出し方について書いた本。

 

ひとつ上のアイディア。

ひとつ上のアイディア。

posted with amazlet at 11.03.19
眞木 準
インプレス

 

 

 

 

一冊に20人分の原稿が入っているので、一人あたりの内容は短く、したがって深い話にはなりにくい。一方で短い原稿の中で言いたいことを言う必要があるため、伝えるべき内容はコンパクトにまとまっていて把握しやすい。

この本としてまとまった意見があるわけではないが、各人の話からところどころ参考になりそうな箇所を見つけることができる。

気になった話を抜粋。

・サイコロを6回回転させて考えを展開させる。
・3回3ラウンド紙に全て書く。
・成功したゴールイメージからさかのぼって考える。
・誰でも考えることを見事にやってのける。
・自分の中にあるものをノートに全て書く。さらにそこから連想したことも書く。
・本質をもう一度問い直す。「本当に?なぜ?」
・アイデア会議は持ち寄りだけ。
・人にどう感じてもらいたいかを考える。
・最も重要で大変なのは、問題点を見つけること。
・自分の趣味、興味を打ち出したものはオリジナリティがある。

共通して言っていることがあり、特に重要かもしれない。
・とにかく書き出すこと
・完成をイメージすること

ベルヴィル・ランデブー

フランスのアニメーション。

 

ベルヴィル・ランデブー [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

 

 

 

 

絵とアニメーションのクオリティがとても高い。映画の中の一コマを静止画で取り出しても1つの絵として成り立つような映像がグリグリ動く。日本のアニメとは考え方が違う気がする。絵を動かすとはこういうことか〜と思った。

実写に負けじとするのではなく、実写では表現できない、絵だから表現できる映像を見せようとしている。見たことがないものを見ることができるだろう。代わりに頭がクラクラしてしまうかもしれない。全体的に暗い映像が多いし。

北海道旅行

ニセコ、登別、函館あたりをドライブで回った。

GWはまだ景色が春めいておらず、青々とした大地をドライブとはいかなかったけれど、延々と続きそうな真っ直ぐな道、牧場の隣を走る道、海の見える海岸沿いの道をスカイラインで走れて楽しかった。

何よりご飯がどれもこれも美味しい。海鮮はもちろんのことだけど、茹でてバターを塗ったじゃがいもがこんなに美味しいなんて(写真取り忘れた)。

以下、そんな3泊4日の旅の写真たち。