永遠の0 (ゼロ)

若い日本人はみんな読んだ方がいいと思う。

 

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

posted with amazlet at 11.03.10
百田 尚樹
講談社

 

 

 

 

夢中になって読んだ。この小説のすばらしいところは、こんなに読ませる小説でありながら、私たちが知っておくべき過去の日本について教えてくれるところだ。

永遠の0のゼロとは、零戦のゼロ。太平洋戦争での、ある特攻隊員の話だ。読み終えて、背筋が伸びた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*