428 ~封鎖された渋谷で~

面白かった!



428 ~封鎖された渋谷で~


手放しで面白かったと言える「ゲーム」だったけれど、どこが面白いのかと聞かれればそれはゲームシステムではなく、「ストーリーが面白かった」と答えるだろう。

とは言え、だったらゲームじゃなくて本でいいじゃん、とはならない。428のゲームシステムに合ったストーリーで、システム上で効果的な話の見せ方や演出の仕方をしておりそこで大いにテンションが上がる。サウンドノベルのゲームは物語を楽しむためのゲームだから、ストーリーがとても良かったと言われるのはサウンドノベルの最高のほめ言葉とも言える。

つまりは傑作だ。

ゲームとして細かく見てみると、UIはとても洗練されていて、レスポンスも良く操作が快適。このあたりの不満点はなし。428では複数の人物の視点から入れ替わり立ち替わりお話を語るが、プレイヤーの選択によって誰かの運命を変えると他の人の運命も変化する。ここが唯一ゲームらしい部分でとてもよくできており、お話もこれを生かしたものとなっている。こうしてゲームシステムを整理してみると、そうした言葉は一切出てこないがこれはタイムトラベルするゲームとも言えるかもしれない。

これだけよくできたゲームに関わらず売り上げは伸びなかったことが気になるが、それはまた別の話。

ともかく、完成度の高いゲームシステムに面白い話が乗っかった傑作。

よい点
・UI(ソフトウェアとしての)
・ストーリーとその見せ方
・タイムトラベルしてる感
・渋谷に行きたくなる
・主演の女の子がとてもかわいい

よくない点
・同じ文章を読んでいるにも関わらず、飛ばせないことがある

428 ~封鎖された渋谷で~」への4件のフィードバック

  1. けんたんに推されて、先日PSP版を買ってプレイ中です♪

    確かにストーリーと演出がいいね。
    このジャンルのゲームは敬遠しがちでしたが、
    ちょっと印象が変わりました。

  2. おぉ!
    なかなか良いでしょう〜

    PSPでやるのはこのジャンルによく合ってていいかも。

  3. 今更投稿するけど、これやってみたいんだけど、360でないんだよなー。
    うちに360とPS3の二つを置くスペースないし。

  4. 日本でしか売れそうにないゲームだから360は無いだろうなぁw

    WiiかPSPでいいのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*