容疑者Xの献身

エンターテイメント!


何かを深く考えさせられる小説とは違うけれど、エンターテイメントとして本当によくできてる。面白い。読むのが止まらなくなる。

ラストに明かされるトリックにもしてやられた。うわぁあぁああ。

東野圭吾はエンターテイメント作家だったんだなぁ。
娯楽を欲したときに、もう一冊読んでみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*