すばらしきこのせかい

おもしろい!


スクウェアエニックスが現代を舞台にしたゲームをつくるのは珍しいので、フラフラと手を出してみたら大当たりだった。よくできてる。

舞台は東京の渋谷。龍が如くもそうだったけれど、実際の街を舞台にしたゲームは当たりが多い気がする。リアリティが増すからだろうか?

ジャンルはアクションロールプレイングで、渋谷の街を歩き回り、エンカウントして戦闘シーンに移る標準的なスタイル。

オープニングムービーがとてもよい出来で、さすがスクウェアエニックス。DSでもムービーをきちんとつくってくれるところがなんとも嬉しい。

お話は全て会話で進むので、説明文を読まされることはなく、読む方としては楽でいい。また会話を進めるとき、音と絵で気持ちよく反応しながらテンポよく会話が進むのが爽快。

あとは音楽もよく出来てる。若者な曲がふんだんに入っていて、ノリノリでプレイできる。

戦闘システムも新しい。上画面と下画面にプレイヤーが分かれて戦闘するため、両方の画面を気にしながら戦闘しなくてはならない。遊んでる内にだんだん上画面は適当にボタン押して、主に下画面のタッチパネルで頑張れば攻略できてしまうのが消化不良な感はあるけれど、たまにもの凄いことをしてる気分にさせてくれる。

僕はほとんど通勤の電車の中で遊び終えた。RPGとはいえ細切れにコツコツ遊んでも楽しめるお手軽さもある。

うーん、素晴らしきこのゲーム。

良い点
・オープニングムービー
・音楽全般
・会話部分のテンポの良さ
・凄いことをしてる気分にさせてくれる戦闘シーン
・お話は少し青臭いけどいいシーンがある

悪い点
・話の設定がGANTSと被ってる気がする
・洋服のコーディネートがあんまり機能してない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*