鉄コン筋クリート

絵がとても面白い。この映像を見るためだけでも、見る価値はあると思う。ただ。。。


見終わった後、しばらく落ち込んだ。
映画の中で溜まったストレスが映画の中で上手く発散されなかった時に起こるアレだ。

終盤の話のまとめ方が好きじゃない。これは原作に沿ったものだろうから仕方ないんだろうけど、あぁそっち方向にいっちゃうんだって。いつの間にか話が内面世界の葛藤に移り変わって、それを抽象的に描いて強引に終わりへもっていく。

こういうまとめ方は、作り手の自己満足な部分が大きいんじゃないか。こんな難しくてはっきりさせることができなくてよく分からないものを表現できるんだ!みたいな。人にメッセージを伝えられる映画という形をなしているのだから、その映画なりの答えをはっきりと出すのが義務なんじゃないかなぁ。

冒頭にも書いたけれど、絵はとても面白いし雰囲気もよく出ていて思わず引き込まれてしまうほど。加えて主役の二人の声優(二宮和也と蒼井優)が本職じゃないにも関わらずとても自然で良くて(さすが演技派の二人)、見所も多い映画だと思う。

こらち宇宙船地球号シロ隊員です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*