カナダ旅行記:ケベックシティ

カナダ国内にあって唯一のフランス語圏であるケベック州。そのケベック州の州都がここケベックシティだ。


つまりはカナダにいながらにしてフランスな街の雰囲気が味わえる都市。

ケベック州の中でも特にここケベックシティは州都でありながら観光都市であり、城郭都市の旧市街を中心に非常によい雰囲気が漂っている。ちなみにこの旧市街は世界遺産。そしてなんと、今年はケベック創設400周年らしく、あちらこちらで祝いのポスターやらを見かけたし、イベントらしきものもやっていた。なんたる偶然。

朝食

恒例の食事晒し。無造作に置いてあるベーグルやイングリッシュマフィンを自分でトーストし、バターやチーズなどをつけて食べた。残念ながらパンはスーパーなどで売っているものだから、味はそれなり。


焼きたてのパンを期待しては。。。

フェアモントホテル

ホテルにして観光名所。まるでお城のよう。でもホテル。でかくてきれいで、初めて間近で目にしたとき、なんじゃこりゃー!と思った。泊まってないけどこっそり中に入ってみたらいかにも高級ホテルな内装だった。


でかい!

ノートルダム大聖堂

ヨーロッパといえば大聖堂。カナダだけれど大聖堂。さすがはケベック州。日曜の朝一番に向かったのが良かった。向かう途中、大聖堂の鐘が鳴り響く。中に入ってみたら丁度ミサが始まった。全く意味が分からないフランス語の説教と、男性コーラス隊の合唱が響き渡る。とてもよい。

面白かったのは、液晶のディスプレイがあちこちに備え付けられていて、ミサの様子が遠くからでも分かりやすかったこと。古い物を古いまま残すのではなく、未来へつなげていくために新しい物も取り入れていく。カナダはこういう姿勢が多かった気がする。


日曜はミサの日。

トレゾール通り

絵がこれでもかと売られていることで有名な通り。美術系の人が来たら相当楽しいんじゃないだろうか。


映っている反対側にも飾られている。

ホーリートリニティ教会

偶然音楽隊が演奏を始めたのでしばし聞き入った。


教会の中で演奏会しちゃうんだ!

Casse-Crepe Breton

1日目の昼食はクレープ屋にて。クレープといっても甘い物だけでなく、野菜やベーコンなどが入ったクレープもある。主食としてアスパラガスなどが入っているものを、デザートとしてメープルクレープを食べた。味はまぁまぁ。


惣菜クレープは初めて。悪くない。

街頭演奏

道端で演奏される楽器も、旧市街地にふさわしく、上品なものが多い。アコーディオンのお姉さんとか、ギターのおじさんとか、フルートのお姉さんとか、ハープの爺さんとか。間違ってもロックバンドなどは存在しない。


ハープのおじさん♪

セントローレンス川

ケベックシティのすぐ隣にはセントローレンス川が流れている。川と言いつつも幅は半端なく広い。超大型の客船が小さく見えるほどだ。ヨットやらクルーザーやらがそこかしこで優雅に余暇を楽しんでいた。セントローレンス川は開拓の基礎となった川らしく、この川に沿って開拓が進んでいったんだと考えるとなんだか感慨深い。


とにかくひろーい川。

プチシャンブランド通り

お洒落でかわいいヨーロッパ風の通り。きれいなお店がたくさんならんでいて、ウィンドウショッピングしてるだけで楽しい。ここではメープル屋さんに行って、メープルソフトクリームを食べたりシロップを買ったりした。それにしてもフランス語圏&観光都市だからか、ケベックシティで見かける人々は上品な人たちが多い。いい街だ。。。


少し狭くてかわいい通り。


メープル!!

勝利のノートルダム教会

実はまだこの時点で初日の15時頃だったりする。1日で回りすぎ。このあたりで超ねむくなったので休憩。。。

だまし絵壁画

建物の側面の壁を使って、だまし絵が描かれている。このような建物はいくつかあった。


だまされ。。。た?

大道芸人

ピエロのカップルに遭遇してなぜか握手された。大道芸やパフォーマーをあちこちで見かけたので、それ系の団体の拠点なのかもしれない。

港の広場

のどかで超気持ちいいので昼寝。この日はほんとうによく歩いたなぁ。子供向けのかわいい汽車が周辺を回ってたり、近くのステージでダンスパフォーマンスがあったりした。


汽車ぽっぽ。

大衆食堂にて

ケベック料理を食べようということで入った店。大衆的な様子がとてもよかった。料理の扱いが雑なところとかが特に(笑)食べたのはミートボールシチュー、ミートパイ、ベイクドビーンズをシェア。おなかいっぱい。


2階席から1階のあれこれをみることができた。


これはベイクドビーンズ。

夜の旧市街

ヨーロッパ風の街並みなので、それはもう言うまでもなく夜は綺麗。フェアモントホテルなんかも一層きれいになっちゃったりして。


ほんと綺麗。


きれいになっちゃったりして。

夜の新市街

新市街は若者が集まる街らしい。たしかに雰囲気がモダン。


あかーい!

ゲームオーバーなTシャツ

ははは(笑)


ゲームオーバーらしいですよみなさん。

マクドナルド

世界共通なマクドナルドはとりあえずいっとかないと!店員が英語喋れないのであたふた。店員は、「あたし英語喋れないんだけど困ったわ」的にニヤニヤしたり他の店員に助けを求めたりしててこっちもニヤニヤ。味もサイズも世界共通。コーラだけはビッグサイズだった。


BLTバーガー。日本には無いメニュー?

VIA鉄道

モントリオールへは鉄道の旅で向かうのであった。日本の新幹線みたいでゆったり座席。居心地良し。景色はトウモロコシ畑とかセントローレンス川とか。ヨーロッパではなく、アメリカ的な景色だったかな。


これがVIAのロゴマーク。

以上、日本でいうところの京都な都市、ケベックシティでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*