はたらきたい。

就職に関する対談集。


主に就職活動を前にした学生たちに向けて、はたらくことってこういうことなんじゃないか、と伝えるための、ほぼ日の就職論が展開する。

色んな人が働くことについて好き勝手にしゃべっている。好き勝手な対談それ自体が面白いから「あぁ面白かった」でいいんだけど、その中からあえてポイントを抜き出すならば以下の2点になった。

「仕事は価値をつけること」と「あなたは何を大切にしてきたか?」。

面白いことに、これは面接で聞かれる代表的な質問である志望動機と自己PRにそのままつながる。

「仕事は価値をつけること」というのは、こんな価値を提供しているこの仕事に惹かれたから志望した。と言えるし、まして「あなたは何を大切にしてきたか?」なんてのは、もう自己PRそのまんまだ。だから結局面接で言うべきことは志望動機と自己PRにつきるのだけど、それをもう少し具体的にしたのが上記の2点なのだろう。

さて、この2点が素晴らしいのは、現在働いている人たちにも自らを省みるきっかけとなるところだ。

あなたの仕事はどんな価値をつけていますか?
あなたが大切にしていることは何ですか?

少しだけ立ち止まって、たまにはこんなことを考えてみるのもいいかもしれない。

それにしても「はたらきたい。」というタイトルは秀逸だ。
お盆明けに働くのが楽しみになってきた。
あぁはたらきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*