フィリピンへ行ってきた

岐阜に沖縄にフィリピン。5月は遊んだなぁ。


なぜフィリピンか?これは誘ってくれた友人に聞いてみないと分からない。急にフィリピンに行きたいと言いだし、私はただそれに同行することになったからだ。

ツアーなどは申し込まず、航空券だけを調達、宿は全て現地調達するという暴挙な計画で行くことになった。期間は4日間。旅のメインの目的は出発前日まで決まっていなかったのだが(だったらなぜフィリピンに行きたいと言いだしたのか、全くもって意味不明)、フィリピンでジンベイザメと一緒に泳げる!という情報を得たため、目的をそれに定めて行動することにした。

それほど見所はないんだけど行き当たりばったりな行動が面白いので、以下に旅の内容を記す。

5/27

昼過ぎに首都マニラへ到着。中心街へ向かうため、空港で用意されているタクシー案内を探す。場所を色んな人に聞くも、みんな適当な場所を示したり、通常の倍程度の金額で乗せようとしたりで、早くも現地の洗礼を浴びる。

マニラのビジネス街、マカティで降りた後、ジンベイザメツアーを開いているダイビングショップへ直行。ここで我々の行き当たりばったりが爆発する。

我々はジンベイザメツアーの申し込みは全くせずに(する時間が無かったからだが。。。)現地に来たので、ジンベイザメが出るドンソルという地区へ行く移動手段が確保されていない。通常は飛行機で向かうが、その場で空き状況を確認してもらうも、空きは全くなし。残るは長距離バスでの移動。10時間に及ぶ、夜行バスである。フィリピンにまで来て夜行バスに乗るなんて。。。しかも帰りも同様。つまり3泊の内、2泊は夜行バスで過ごすことになったのだ。

その日の夕食は、ショップの日本人オーナーの方に寿司屋へ連れてってもらった。フィリピンで寿司(笑)美味しかったけど。


提灯をわざわざ飾っているところがいかにも海外。

そして、夜行バスでの移動。高速道路を走るのかなと思ったけど、どうやらそんなものはないらしく、バリバリと下道をかなりのスピードで走る。運転もアジアの運転よろしく荒いので、結構怖かったり。でも下道を走ってくれたおかげで現地の暮らしを垣間見ることができた。

特に印象に残ってるのは、いずれも夜中、ある小さな教会にたくさんの子供が集まっていたこと、あるバスケットコートでこれもたくさんの子供が試合観戦していたこと。暗闇の中ライトに映し出されて、ちょっと幻想的。行き当たりばったりだからこそ見ることのできた光景ってことを考えると、何が幸いするか分からない。


夜行バス休憩中。

5/28

早朝に到着し、ツアーガイドと落ち合う。


周りはバスだけでなく、マニラでもよく見かけるジプニーもたくさん停まっていた。

ジンベイザメツアーのガイドは、ダニカというフィリピン人。ダニカは素朴でかわいらしい女の子。英語が上手く伝わらなくて困ると(僕たちが英語下手だから)、陽気な笑顔で困った〜って顔をする。案内と同時に、ジンベイザメを船の上で見つける手助けもしていた。


こんな船でジンベイザメを探す。携帯の写真も案外いけるなぁ。

さて、そのジンベイザメだけど、結論を言うと。。。会えなかった(笑)ただこれは予想していたことで、例年よりも早く梅雨入りして数日前からジンベイザメは現れなくなっていた、という忠告を押し切って来たのだ。仕方ないので近くの海でスノーケリングしてお茶を濁して終えた。

このあたりはそれほど透明度は高くなく、もし現れても綺麗な海の中にジンベイザメが漂う、って訳にはいかなかったかもしれない。それでも十分に楽しめただろうけど。

というわけで、再びマニラへ夜行バスで直行。

5/29

以後は消化日のようなもの。
マニラ到着後に、まずホテルを探す。幸い部屋は空いていた。昼まで爆睡。

この日はようやく観光らしい観光をした。まず昼食にカレカレを食べ、マニラ大聖堂、サン・オウガスチン教会を巡り、夕食にピチョンをいただいた。


カレカレ。ピーナッツソース。美味しい。


マニラ大聖堂。中では結婚式が行われていた。


サン・オウガスチン教会。中でボーッとしているとミサが始まった。


子豚の丸焼きレチョン。これも美味しい。ちょっと脂っこい。

マニラの見所らしい見所はほぼこれで制覇してしまったと言えてしまうところがなんとも。。。

マニラはきれいな巨大ショッピングセンターもあり、そこそこ発展していた。アジアの都市らしく、空気は悪く、川は汚れているが、大きな憩いの公園もあったりしてなかなかしっかりしていた。


ショッピングセンター、ロビンソン。


ある街中の風景。

5/30

帰国日。ただの移動日。

友人の一人が空港の荷物検査でライフルの弾のキーホルダーを没収され、その場で反省文を書かされ、しかも英語がイマイチなので途中から英文講座を受けているような格好になってたのが(笑)

以上がジンベイザメを見ることができなかったジンベイザメ旅行。

なんと本日のウルルン滞在記で全く同じ場所のジンベイザメ特集をやるらしいので、どんな偶然!と思いつつ、それを見て記憶を埋め合わせることにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*