桜坂消防隊

ゲームしたーーい!!!
ってことで、まずは桜坂消防隊。


他の娯楽に比べてゲームが優れている点の1つは、ある役割を仮想体験できることだ。
このゲームはまさにそれで、消防士となって消火活動に精を出すことができる。

ゲーム内容は主に、火事現場に飛び込み、燃え盛る炎を消火して、要救助者を救うこと。

火を消すことはそれだけで気持ちが良くて、ちまちま火を消していくだけで結構面白い。のだけれど、火消しアクションにその先の深みがないため、ひたすらちまちまやることに。途中で火消しに飽きた。代わりにステージの仕掛けが用意されてるので、そっちで難易度が調整されている。もっと消火自体が楽しくできれば。。。

他、特に面白かったのは、仲間に指示を与えて、マルチタスクで消火を進めていく仕組み。
君はここの部屋!あなたはここの部屋!って指示を与えつつ、自分も消火活動にいそしむ。指示によって効率良く消火できると、結構気持ちいい。いい仕事したな!って感じ。

「炎なんか怖くない!気分はすっかりエースファイヤーマン」なゲーム。
そこそこ楽しめた。

以下、感想箇条書き。

? 仲間に指示を与えてマルチタスクに消火するところがいい。
? 火を消すことは気持ちいい。でもそれに奥深さがないから飽きる。
? ストーリーは演出が微妙。
? 遺留品を見つけて鑑定することでストーリーの全容が明らかになっていくシステムはいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*