人を笑わせる技術

忘年会のネタ収集を目的に借りたところ、目的そっちのけでリピート鑑賞してしまった。


M-1グランプリ2003


その名は耳にしつつも見たことはなかったんだけど、これは面白いわ。ある友人がファンクラブに入っているけど、それも納得できる(笑)。

1000万円が掛かっているだけあってどのコンビもとっておきのネタで勝負してきて、そんな中勝ち上がる漫才はよく出来てるし、特に優勝する漫才ってのは、やっぱりダントツに面白い。

2003年のDVDをきっかけとして、結局第1回の2001年から2005年までの全てを借りた。
その中で凄いと思ったのは、2003年の笑い飯、フットボールアワー(優勝)、2004年のアンタッチャブル(優勝)、2005年のブラックマヨネーズ(優勝)。何度もリピート鑑賞した。何度でも笑える。
繰り返し見たいと思う漫才を見たのなんて初めてだ。恐るべしM-1グランプリ。

漫才ばっかり見てると、人を笑わせる技術が見えてきて面白い。
凄いなあ、漫才。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*