エリートなサラリーマンが通っている

というイメージは、私が勝手に抱いているものなんだけど。


最近ジムに通ってたりする。
頻度は週に一度で、仕事帰りにフラっと寄って、1時間程度体を動かしている。

一口にジムと言っても、プール、エアロビ、最近流行りのヨガなど様々だけど、通っているのはトレーニングジムだ。つまり、そこでトレーニングマッシーンと戯れているのである。

ジムに通うきっかけは単純で、冒頭にも書いたようにエリートなサラリーマンはジムに通って体を鍛えている、というイメージを勝手に持っていて、「そうか、デキる社会人はまず体を鍛えるのか。じゃあ社会人になったら通わなければ!」と思い込んだから(笑)。ほら、テレビなんかでそういうシーンを目にすることありませんか?割と共通認識だと思っているんだけどそのあたりどうなんでしょうか。

そんな可笑しな憧れから始まったジム。週1ではそれほど筋力向上はしないため体を鍛えると言うよりも健康維持の意味合いが強いけど、とりあえずじっくり続けてみたい。

とはいえ、やっぱり体の調子はいいです。
体中の細胞が活性化してる感じで、この感覚が結構好きなんですよね。
鍛えられる如何に関わらず、これだけでも通う価値ありってことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*