叫ぶ娯楽

先日、またカラオケに行った。

中学、高校、大学時代と、数える程しかカラオケに行かなかったのに、ここ最近になって急に行く機会が増えた。
これは周りの環境に寄るところが大きい。

高校、大学では吹奏楽クラブに入っていて、音楽やってるからいかにもカラオケに行きそうなものだけど、不思議なほどそういう機会が少なかった。
楽器をやっているが故に音楽に触れる機会には事足りているから、わざわざカラオケに行こうと思わないのかもしれない。
単に周囲の人がカラオケに興味なかっただけかもしれないけど。

さて、カラオケにほとんど行かなかった私は、当然カラオケの良さも分からなかった。
人前で上手に歌うのが気持ちいいのかな、って予想してたぐらいで、
これだけ大勢の人が楽しむ娯楽になる理由がイマイチ分からなかった。

でもここ最近カラオケに行く機会が増えたことで、
みんながカラオケに行きたがる理由が少し分かった気がする。

たぶん皆「ストレス発散」のためにカラオケに行くんじゃないかな。
最近カラオケに行って感じたのは、大声を出して歌う事が思った以上に気持ち良いいこと。
一人で歌う時もそうだけど、自然とみんなが一緒になって、メチャクチャに声を張り上げて歌う時が特に気持ちいい。
溜まったストレスが吹っ飛んでいく。

大声を出すことがストレス発散になるのは多分間違いなくて、
でも自宅とかその辺の道端とかで大声出したら変人扱いされてしまうのもたぶん間違いなくて、
一方で歌を歌うべき場所で大声で歌っていてもちっともおかしくない。

だからストレスを発散できるそういう場所を提供するものとして、カラオケは大衆娯楽となったのだ。

カラオケによく行く人達からは、そんなの常識だ!って言われそうですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*