山と肉と初任給パワー

筑波山なるものを観光した。


社会人生活初のGWは両親に何かしてあげないと、ってことで帰省したんだけど、諸事情で弟の住む筑波へ行く事に。あるようでなかった用事を筑波で済ませ、くそ広い筑波大学の周辺を車でぐるぐる見物した後、余った時間でどっか観光へ行こうってことになった。
んで、父親の強い希望により標高876mしかない山へ向かったのであります。

標高が低いとはいえこの筑波山、実は日本100名山の1つだったり、がまの油の発祥地だったり、山へ向かう道は観光の車で交通渋滞してたりと、なかなか侮れない。2つある山頂は男山山頂及び女山山頂という名前なのも面白い。ケーブルカーで山頂に行って団子食って帰ってきただけなのに、色んな意味で意外に楽しめた観光地だった。

その後、私の今回の主目的であった「初任給パワーで家族にご馳走」を、こちらも父親の希望によりお洒落な焼肉屋にてmission complete。家族にご馳走するってのは、若干ぎこちないというか、非常に新鮮な体験だった。
今回は筑波だったけど、地元は浜松だから次回はうなぎ料理をご馳走してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*